ワークショップ

(6)<夏期特別研修2> 体験箱庭

安島智子(このはな児童学研究所)

8月12日(土)   10:00~16:00(※プレイルーム)

このワークショップでは、参加者全員にカウンセラー役とクライアント役を体験していただき、「箱庭を制作する」体験と「クライアントの傍らにいて箱庭制作を見守る」体験をしていただきます。箱庭制作では日常生活では出会えない自分と出会うことができ、知らなかった自分を知ることができるでしょう。その表現には痛みを伴うことも、傍らにいるセラピストは同じ痛みを感じているかもしれません。ドラ・カルフの言った「母子一体性」、「その場が安全にして保護された空間」であることを感じあい、「箱庭」を味わうことや意味の受取りを言語化することもしたい。ワークショップの終わりには、グループとしても、個人としても穏やかで充実感に満ちた新しい空気を感じることができるように進めたいと思います。(定員13名)