TOPページ

このはな心理臨床講座

スーパーヴィジョン・グループ

講義と演習

講 読

ワークショップ

おしらせ

このはな市民カレッジ


特定非営利活動法人
このはな児童学研究所


〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-25-2
チャンピオンタワー1F
TEL:03-3639-1790
(電話受付時間)月~金曜日10:00~17:00
E-mail:konohana@konohana.jp

ワークショップ

(12)コラージュ療法―セラピスト、クライエント双方にとって負担が少なく満足感を得る方法―

森谷寛之(京都文教大学名誉教授・京都コラージュ療法研究所所長)

2020年2月2日(日)   13:00 ~ 18:00

 

公認心理師には国民の心の健康を支える専門家として大きな期待がかけられている。まず最初に、公認心理師や臨床心理士の誰もが身につけておくべき方法の一つとして、「コラージュ療法」を勧めたい。
 「コラージュ療法」は1987 年5 月に筆者が箱庭療法をヒントに突然思いついた方法で、新聞や雑誌、パンフレットなどの絵や文字を自由に切り抜き、台紙の上に貼り付けるだけの単純明解な方法で、セラピスト、クライエント双方にとって負担が少ないのが最大の特徴である。また、その適用範囲が非常に広い。
 まず、制作体験をし、その後、その作品を使って振り返りを行い、作品の意味を理解する。
【制作実習】切り抜いてもよい雑誌やパンフレットを何冊か、糊・はさみを持参してください。
参考図書
森谷寛之『コラージュ療法実践の手引き』(金剛出版,2012)
森谷寛之『臨床心理学への招待―無意識の理解から心の健康へ』(サイエンス社,2018)
(心理臨床実践の基本を理解するために『臨床心理学への招待』も併せてご覧いただきたい。)