ワークショップ

(7)<夏期特別研修3> 集団状況療法とミソドラマ演習

安島智子(このはな児童学研究所)

8月13日(日)   10:00~16:00

今回のミソドラマワークショップでは、演劇的手法として現実場面を舞台上に設定するソシオドラマと、内なる物語世界の場面を舞台上に設定するミソドラマを体験する企画をいたしました。午前には、組織アセスメントに有用なのですが、関係学(松村康平)に基づく個人・社会・集団の関係性や集団における人と人の関係性を構造的に捉える視点を集団状況療法の方法論からソシオドラマを用いて学びます。
 午後には葛藤解決のために有効な方法として世界的に知られている集団活動ミソドラマ(Allan Guggenbuehl)を体験する演習です。動きによるウオーミングアップ後、参加者各自の課題を意識化するウオーミングアップ、そして心の神話層(深層)に届く物語を語りますので聞いてください。物語からインスピレーションを得て心は動き新しい自分を創造する即興劇を体験していただきます。グループメンバー相互の課題が深く関わり合いドラマは展開することでしょう。チームで創る新しいドラマの誕生の醍醐味を味わい、仲間と支え合う創造活動の実際を明日からの実践に役立てていただければと思います。